Navigation Satellite System

今日はNSSのテストの為に、外の炎天下でお仕事だったよ🌞

NSSって建物の中だと電波が捕捉できないから、テストできないのよね💧
(NSSって何❓って思った人は、続きを読んでね😉)

部屋でハンダ付けとか、一通りプログラムを作り上げるところまでは済ませて💻
それから外に出て、実際にNSS電波を捕捉しながらプログラムを修正していく感じ⚡


使っているのは『ARDUINO UNO REV3 SMD』と『GPS受信機キット「みちびき」対応』🛠

GPS(Global Positioning System)ってのは、アメリカ軍の位置確認のために作られた航法システム🛰
合計32機の衛星で、地球全体をカバーするように作られているのね☝

で、みちびきについては先月10月10日4号機打ち上げで話題になったから、名前は聞いたことある人が多いと思うけど✨
みちびき(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)ってのは、日本の衛星測位システムのことなの😉

日本語では準天頂衛星システムって呼ばれるシステムで、準天頂軌道の衛星を中心に構成されているよ🌟
正確には、現在は準天頂軌道衛星3機静止衛星1機(みちびき3号)で構成されてる感じね👀

先に書いたようにGPSはアメリカのシステムの固有名称だから、本当は他の国のものはGPSとは呼ばれないの☝


そういう訳で、位置情報の為の衛星システムの総称は『NSS(Navigation Satellite System)』よ🙂
これはGPSと日本のQZSSの他にも、EUのGalileoとかロシアのГЛОНАССとか、中国の北斗とかも全てを指すわ✨

で、そのうち全地球をカバーするものを『GNSS(Global Navigation Satellite System)』というの🌟
GPSの他には、EUのGalileoとかロシアのГЛОНАССがこれにあたるわね🍀

それに対して、一部地域だけをカバーしているものは『RNSS(Regional Navigational Satellite System)』と呼ばれるの👀
日本のみちびきはこれにあたるわ😉

中国の北斗は今はRNSSだけど、2030年に全地球に拡大してGNSSになる予定💨


だから、日本国内だとGPS以外にQZSSも使っていることが多いから、本当はGPSでは無いのね💣
ちゃんとNSSで場所を捉える、とかって言わなきゃダメよ☝

なんちゃって😜
GPSって言葉は既にあまりにも有名になりすぎて、正しく言ったほうが伝わらないパターンのやつよね🤔

私も、このブログでは敢えてNSSって書いたけど、普段はGPSって言ってるわ😅
不正確な言葉を使うのは好きじゃないけど、仕方ないじゃない💦

だってNSSって言葉じゃ、ほとんど誰にも伝わらないんだもの😓

ちなみに測量の分野では、2011年から『GPS測量』じゃなくて『GNSS測量』という言葉に改訂されているわ🔭


おっと、なんだか長くなってきちゃったから、このくらいで抑えて…💦

とりあえず、USBで繋いだパソコンにNSSで捉えた情報を流してくることには無事に成功💋
今日の目的はここまで💨

もちろん、これくらいなら誰でも作れる訳で、これで完成って訳じゃなくて☝
これはあるシステムを開発するための一部機能のテストなの🌟

だから、これから炎天下で作業する必要がある機会は増えそうかも💦

嫌だわ…日焼けが心配💧
大切なお肌を傷めちゃうじゃない😭

もちろん日焼け止めは常備だけど、屋外での作業はできる限り最低限に抑えていきたいところね🌟


🌐ARDUINO UNO REV3 SMDの公式ウェブページはこちら✨
https://store.arduino.cc/usa/arduino-uno-smd-rev3

🌐GPS受信機キット 1PPS出力付き 「みちびき」対応の公式ウェブページはこちら✨
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09991/

🌐GPSの公式ウェブページはこちら✨
https://www.gps.gov/

🌐みちびき(準天頂衛生システム)の公式ウェブページはこちら✨
http://qzss.go.jp/

みっちょ

SALON Doluce 代表。ハッカーでカウンセラー、占い師でカメラマン、その他あらゆる顔を持つ変な人。キッズプログラミング講師、パソコン修理、カウンセリングなど喜んで承ります。お気軽にお声掛けください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする