睾丸摘出@清美会クリニック

今日はついに、待ちに待った手術の日💖

朝からもう、ワクワクドキドキで💗💗💗

なんだろう⁉
素敵なレジャーリゾートに行く以上の素敵な気分🤩

朝からシャワー浴びて、身体を綺麗に洗ったら🚿
充分に余裕持って着替え🌟

説明の際に、当日は下半身に締め付けがないようにスカートで、って指示を頂いていたけど🍀
いろいろ考えた結果、一番締め付けがないように、緩めのワンピース👗

もちろんワンピースだと手術の時はまるまる脱ぐことになるから💦
下にはちゃんとキャミソールを着ておいたよ😉


今日は手術だからメイクはしない感じで、念の為にピアスも外しておいたわ🌟

手術の時は、顔色とか唇の色も体調判断に使われる重要な要素になるから👀
メイクは邪魔にしかならないからね☝

美容クリニックの睾丸摘出手術でモノポーラを使われる事はないと思うけど🤔
当然どっちを使うかなんて聞いてないから、ピアスは一応ね🌟

手術で使われる電気メスの代表的なものには💡
モノポーラ(単極)タイプとバイポーラ(双極)タイプがあって✨

語弊を恐れず言うとメス先がピンセット型で、つまんで止血できる感じのは大体バイポーラかな👌

ちなみに一般的には、単純に電気メスって言ったら👀
体に広い電極をあてて使う、高電圧のモノポーラのことが多いわね😉

で、バイポーラは2本のメス先の間しか電気が流れないから⚡
金属を身に付けてても大丈夫だけど🙂

モノポーラは体内を電気が流れるから💥
ピアスとか金属を身に付けてると火傷する可能性があるの😱

なんだかついつい長くなっちゃったけど、メスの話はこのくらいにして…😅


手術開始の前に事前準備の時間が必要なのかどうか聞いてなかったから💦
念の為に予約時間の30分前に行ったけど💨

実際は予約時間ぴったりでよかったみたいで、待合室で30分間待たせて頂いて😅

予約の12時になったら、看護婦さんに声をかけて頂いて、そのまま手術室へ✨

手術室に入ったら、看護婦さんに「下にはキャミソールか何か着られてますか⁉」って聞かれて💦
そりゃそうよね、下半身を脱ぐ必要が判ってる時に、上まで繋がったの着てるんだから💧

「はい🌟キャミ着てます🌟」って答えたら、タオル地の腰巻きブランケットを渡されて🍀
「じゃぁ、下半身は下着まで全部ぬいで、これに着替えてベッドに横になってください🌟」って🙂


ためらうような理由も無いし、ササッとワンピ脱いで、パンストとショーツも脱いで💨
腰巻きブランケットを巻いて、腰の部分を3連ボタンでパチパチ止めて😆

ベッドに横になったら、看護婦さんが✨
「ちょっと確認しますから、捲りますね、ごめんなさいね~🌟」って仰って🙂
ブランケットの前をペロンって捲られて💡

今から手術していただくんだから、何も気を遣って頂かずに捲って頂いて構わないのにね😘

で、看護婦さんは「あ、ちゃんと綺麗に剃ってきて下さったんですね🌟」って仰って✨
「剃ってきたというか、いつも剃ってるんですけど、剃り残しがあったら剃って下さい🌟」って私💦
看護婦さんは「大丈夫ですよ🌟」って仰って、ブランケットを戻されて🙂


色々と手術道具の準備をされたあと「じゃあ、消毒していきますね🌟」って言われて🍀
また「ごめんなさいね~🌟」って仰いつつブランケットをペロン💡

「ちょっと腰を浮かせて貰えますか⁉」って仰って、腰の下に吸水防水シートを敷かれて✨

それから、下腹部から太股あたりまでを丁寧に消毒していただいたよ🙂

当然、性器も念入りに消毒されるわけで、ペニスの敏感なあたりも何度もしっかり擦られて🍄
ちょっと硬くなっちゃったりして、このままフル勃起しちゃったらどうしよう、って焦ったり😅

それから、腰の周りに穴あきドレープを被せられて😶
クイッ❣クイッ❣って、ペニスと睾丸だけを穴から通して出した状態に🌟

この際に、さっきの消毒で敏感になってるペニスが冷たいドレープに触れて⚡
絶妙に気持ちよくて、またビクンッてなったり😳

でもまぁ、ペニスの神経は普通にあるから触れた感じで気持ちよくはなるものの💨
実際は女性ホルモン治療で勃起はかなり強く抑えられてるから😗

よっぽど触りまくらないと勃つことはないからセーフね🌟

でも看護婦さんが美人な方だから、触られる側には、そういう意味での緊張感はあるかも💦


ここまで準備完了したところで、「こんにちは~🌟」って仰って、定村ドクター登場✨
私は仰向けのまま「こんにちは、お願いします🌟」って答えて🙂

執刀して下さったのは、東京銀座の美容整形・美容外科アテナクリニック総院長の定村先生✨
総院長先生直々に執刀していただけるなんて、なんて光栄なのかしら😘

看護婦さんが笑気吸入鎮静器を操作しながら、先生に「酸素2笑気1でいいですか⁉」って🌟

それを聞いた私が、横から「笑気は使わないでって言っておいたんですけど💦」って慌てて口出し😗
看護婦さんは「あ、そうそう、笑気使わないんでしたね💦」って✨

危ない危ない、危うく眠っちゃう危険に曝されるところだったわ😜

先に伝えてあるから言わなくてもちゃんと気づいては貰えるんだろうけど、念の為ね🌟

先生が「笑気麻酔の経験あるんでしたっけ⁉」って聞かれて✨
私は「いえ、無いです🌟」って答えて🙂
先生は「でも使わなくて大丈夫、ってことなんですね⁉」って✨
私は「はい🌟」って答えて🙂

この時点で、麻酔で意識を薄れさせて少しでも苦痛を少なくしていただけるっていう恩恵は👼
私が自らの意思で完全拒絶したってことは確定ね😅

その結果、ハッキリした意識で充分に味わうことができた手術の体験を、ここに書き残すわ💙


で、先生がベッドの側に来られて「じゃ、始めていきますね🌟」って仰って✨
私は「はい、お願いします🌟」って答えて🙂

手術は先生と看護婦さんの2人体制で行われたわ🌟

「じゃあ、まず、麻酔を打っていきますね🌟」って仰って、陰嚢の真ん中の筋の部分をつままれて👌
「ちょっと痛いですよ~🌟」って仰って陰嚢の皮の真ん中に麻酔注射をブスリ💉

麻酔薬が入って来る感じがあるけど、これは皮下注射よりちょっと痛いくらいで問題ないわ😉

次に、陰嚢の皮ごしに右の精索をグイッとつままれて👌
「はい、ちょっと痛いですよ~🌟」って、今度は陰嚢を貫いて、中の精索にブスリ💉

ズンッ‼って響く痛みに続いて、液体が入って来る感じと同時にググーッ❣っと圧迫感のある痛み💥
これは想像してたけど、実際受けてみるとやっぱりかなり痛かったわ😅

でも、決して我慢できないような痛みじゃないの💕

で、左の精索にも同じように声をかけてくださいつつで、麻酔を打たれて💉


「じゃあ、麻酔が効いてるかどうかを確認しますね🌟」って仰って✨
陰嚢ごしに左の睾丸をつままれて、そのまま陰嚢の真ん中を盛り上げるようにされたら🍀
筋をスーッと何度かメスで切られて「痛みを感じますか⁉」って聞かれて😶

私は「ちょっとだけ痛い気もするけど大丈夫です🌟」って答えて💋
実際、チリチリって虫に刺されたような小さな痛みはあるけど、その程度だったわ🙂

先生は「よく効いてますね、じゃあ続けていきますね🌟」って仰って✨

引き続き左の睾丸で陰嚢の真ん中を盛り上げた状態で👀
陰嚢の何層にもなった皮膚を丁寧に切り開いていかれたわ🔪


ここらへんからは、ずーっとこまめにこまめに電気メスの音が響いてる感じ⚡

最後まで一貫して、とっても丁寧に進めて下さってるのが、すっごく伝わってきて💕
意識がハッキリしている状態でも、安心してやって貰えたわ💖


「ちょっと押しますよ🌟」って陰嚢の切れ目に合わせて睾丸をグイッと押し付けて💨
出てきた睾丸を「はい、引っ張りますよ~🌟」って、グイッって引きずり出して🌟

えっと、あの『玉を思いっきりグリグリッ💥ってされた時の痛み』が何度も続いてる感じね💦
男性なら解ると思うけど、私は「ふうぅ…💦」って息を吐きながら耐えてる感じ😅

先生が「痛いですか⁉」って聞いて下さって、「いえ、大丈夫です💦」って答えながら😘
看護婦さんにも「気持ち悪いですよね、頑張って🌟」って声かけていただいて✨

で、陰嚢の外に引きずり出した睾丸に繋がってる精索の中の精菅と精巣動脈を糸で結紮して🌟
丁寧に切り取って取り除いて✂

結ぶときも、キリキリした痛みがあるけど、これは全然気にならないくらいよ💋

先生は「はい、これで半分終わりましたよ🌟」って声をかけてくださって🙂


そこから次は右なんだけど、こっちは皮を切る時に2度ほど「あいたっ‼」って叫んで😣
先生が麻酔足して下さったりもしたし、左よりも全体的に痛かった感じね💦

先生と看護婦さんの会話に何度も出てくる『モスキート』って言葉に👀
『やっぱりコッヘルとかペアンじゃなくてモスキートなのね~🌟』とか考えながら耐えてたよ😅

モスキート(Mosquito)は『蚊』って英語だけど、コッヘルとかペアンよりも小さい鉗子✨
小さいから蚊みたいってことで、モスキートって呼ばれるのね💡

コッヘルみたいに鈎がついたものも、ペアンみたいに鈎がないものもあって🧡
もちろん真っ直ぐな直型も、彎曲してる曲型も、どっちも存在するの😉

モスキートは美容外科のオペではよく使われる鉗子で🌟
それはつまり、美容外科のオペはそれだけ繊細なものが多いって証拠でもあるわ☝


あと、右の途中で1度、激しいグリッ💥がきて、反射的にビクッ❣って動いてしまったわ💧
あぁぁ、先生、ごめんなさい…😭

すぐに先生が「あ、ごめん‼痛い⁉」って聞いて下さって🌟
私は「いえ、大丈夫です❣ グリッってきただけです💦」って答えて😅

そうそう、睾丸を引きずり出す時は、左の時にも少しはあったけど☝
右はもっと強烈な鼠径部から下腹部の中まで響く内臓が引きずり出される感覚💕

あのね、下腹部あたりまで身体の中でなにか引きずられてるのが判るの😮

右も切り取り終わったところで、先生が「そろそろ終わりますよ🌟」って声をかけてくださって🙂

最後に丁寧に縫合してくださった陰嚢をクイックイッって押さえながら🍀
「はい、終わりましたよ、これでスッキリしますよ🌟」って😉

縫ってる時には、縫ってる感じ自体は伝わってくるけど痛みは全く無かったわ💜


「あとはテーピングで固定しますからね🌟」って仰って✨
看護婦さんと先生に両側からビタッって何重にもガッチリテーピングで固定されて🍀

「はい、終わりです🌟」って✨

私は「ありがとうございます🌟」って答えて💖

看護婦さんが私の下半身にかけてあった穴あきドレープを外して✨
「ゆっくり起き上がってくださいね🌟」って身体を支えて起こしてくださって🙂


看護婦さんから「ナプキン持って来られてますか⁉」って聞かれて✨
「はい🌟」って、答えたけど、持ってきたはいいけど、問題は使い方…💧

…って思ってたら「使い方わかりますか⁉」って看護婦さんが救いの船を出してくださって💕

「いえ、こんなの買ったの初めてだから、それが心配で…💧」って答えたら😅

看護婦さんは笑いながら「そうですよね🌟」って、個別ラップを開けるところから✨
粘着シールをショーツに貼り付けて、羽を折って固定するところまで☝

手取り足取り教えてくださって、なんとか生理用ナプキン初体験も無事にスタート😆


あと、そんなことしながら、傍の台にある摘出した睾丸が気になって覗きつつ😶
「写真撮らせて貰っていいですか⁉」って聞いたら、「もちろんいいですよ🌟」って仰って✨
周りを綺麗に整えて、ガーゼに並べて、右、左って、傍に書き添えてくださったわ😘

なんだかお手数かけちゃってすみません💦

ありがとうございます💖

看護婦さんが「右が少し大きかったですね🌟」って仰ってたわ✨
それも痛かった原因の1つかしら💦

まぁ、人間の精巣は右のほうが大きいというのは医学的な研究報告もあるし💨
私がなにか特別って訳では無いんだけどネ🙂

ここまで終わって手術室を出る前に時計を見てみたら、13時数分前ってところだったわ🕐
きっと、手術自体は30分間くらいで終わったって感じね💚


で、聞いてみたらホルモン注射の再開は2週間後からってことで、3週間後には術後検診🌟
ってことで、両方の予約を入れて帰ってきたわ😉

定村先生、私の身体から『男の根源』を取り去って下さった方💎
言い換えれば40年に渡る苦悩の源を排除してくださった方😀

このご恩は一生忘れないわ💋

そして、笑気麻酔なしでやってくださったことも感謝々々なの💕

おかげで、手術代15万円じゃ申し訳ないくらいの、とっても満足な貴重な体験ができたわ💖

人生初の手術だったけど、今とっても楽しかったって思えるもの🎶

本当に、本当にありがとうございます🙇


あ、術後の痛みはっていうと、帰りのバスの中で少し痛みが出だして💥
傷が痛むとかじゃなくて、言ってしまえば『無いはずの玉が痛い』って感じ😣

これは『幻肢』ならぬ『幻玉』かしら、なんて思いつつ🤔

でも、夜の今まで一貫して、耐えられないほどの痛みではない感じだわ🍀

ただ、座ったりうつ伏せると痛みが来て、それも耐えられない痛みじゃないけど💨
敢えて痛い姿勢を続けるなんて趣味はないから、パソコンに向かっての作業は控えて💦

いまは仰向けに寝たまま、スマホを使ってブログ書いてるよ😗


お薬は、痛み止めと、抗生物質、胃薬を、それぞれ5日分出して頂いて🌟
毎食後だから、さっそく夕食後から真面目に飲んでるわ😘

痛み止めは炎症止めも兼ねてるから、痛みが無くても飲むことって言われたのと☝
痛み止めも抗生物質も、下痢になる可能性があるけど、それでも飲み続けなきゃみたい💦

で、強い薬で胃が荒れるから、胃薬も一緒に飲まなきゃいけないんだって🙂


これでまた一歩、女性に向かって前進したわね😆

るるん💋


🌐清美会クリニックの公式ウェブページはこちら⭐
http://www.athena-fukuoka.com/

🌐アテナクリニック総院長 浩司先生の公式紹介ページはこちら⭐
https://athenaclinic.net/doctor/

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください