Kdenliveの起動方法

フリーの動画編集ソフト『Kdenlive』を使ってみようと思ったけど✨

インストールして起動しようとしたら、さっそくエラーで止まる💧

『レンダリングに必要な melt プログラムが見つかりません (mlt パッケージに含まれています)』

なんでやねん💨 ってツッコミつつ、いろいろやってみる🤔

あ、使ったのはWindows版の18.12.0 Releaseね🌟

 

…いろいろやってみたけど、うまくいかなくって😥

なんでやねん💨 って、その状況に更にツッコミつつ💦💦

なんでか⁉ って、エンジニアの勘として、間違いなく開発・配布側のミスだとは思うんだけど🤔

検索するも、間違った情報が多いというのもあって、実際どういう状況なのか掴むのが厳しくって💧

なんだかんだで、解決するまで4時間くらいかかったわ⤵

 

このページを見てる方には、同じ境遇で検索して来られた方も多いかもしれないわね🤔

っと思うから、ちゃんと解決方法を書いておくわね💕

 

とりあえず、検索したらmelt.exeをshareに入れろ‼とかってアドバイスが山程出るけど☝

私の答えとしたら、それって間違ってるから、やっても無駄よ😜

納得できない人は自分でやってみたらいいけど、それじゃエラーは直らないからね😏

 

で、結論は、melt.exeをkdenliveのアプリケーションフォルダ直下に入れる、だったわ🌟

私の場合、Windows版の18.12.0 Releaseだから、『kdenlive-18.12.0』ってフォルダ📁

要は、もともと他にはフォルダしか無い場所💧

ココには入れようと考えんわ~💦 って、正解に至ったあとで更にツッコミが増えたわ😗

だから、設定で見ると『C:/apps/kdenlive-18.12.0/melt.exe』っていう感じになるわね😉

 

これで、うまくいくはずよ✨

試してみてね🙂

 

ちなみに最終的に答えをくれたのはKDE Bugtracking Systemにあった、このバグに関する公式資料🌟

Kdenliveの開発は、今ではKDEプロジェクトの一部として進められているからね😉

古いバージョン17.08.1のものだったけど、同じ方法でいけたって感じ🎶

この資料にも、下からリンクを張っておくわね🙂

 

ここに至るまでには、検索するにも英語での正確なメッセージを知っておく必要があるわ✨

だから、さっきのメッセージ☝

『レンダリングに必要な melt プログラムが見つかりません (mlt パッケージに含まれています)』

の正確な英語版を置いておくわね🌟

『Can not find melt program required for render (part of Mlt)』

もし、いろいろと調べてみたいって人は、このメッセージをキーに調べてみるといいわ😉

 

Enjoy💋

 

🌐Kdenlive Libre Video Editorの公式ウェブページはこちら⭐
https://kdenlive.org/

🌐KDE Bugtracking System How to get Kdenlive 17.08.1 runs correctly on Windows and be able to renderのページはこちら⭐
https://bugsfiles.kde.org/attachment.cgi?id=108162

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください