管理者パスワードのリセット


PostgreSQLで管理者がパスワードを忘れた場合の対処法。
pgAdmin IIIよりpg_hba.confを開いて、バックエンドアクセス認証エディタより
md5などとなっているクライアントアクセス認証をtrustに変更して上書いてやる。
これでパスワード空でサーバに接続できるようになる。
接続できればパスワード変更が使えるので、現在のパスワードは
空のまま新しいパスワードを入れてOKを押す。

もっと見た目カッコよくやりたい人は、pg_hba.confをメモ帳なんかで開いて、

[text]
host  all  all  127.0.0.1/32  md5
[/text]

などとなっている最後の部分を

[text]
host  all  all  127.0.0.1/32  trust
[/text]

と変更してやる。これでSQL Shell(psql)にパスワード無しで入れるので、後は

[text]
ALTER ROLE postgres PASSWORD ‘postgres’
[/text]

のようなSQLを投げ込んでやれば、
postgresユーザーのパスワードがpostgresに変更される。

みっちょ

SALON Doluce 代表。ハッカーでカウンセラー、占い師でカメラマン、その他あらゆる顔を持つ変な人。キッズプログラミング講師、パソコン修理、カウンセリングなど喜んで承ります。お気軽にお声掛けください!