Windows XPの認証情報のバックアップ


開発者の場合、続けて何度もOSを再インストールする必要に迫られることなどは日常茶飯事だが、こんな時に毎回アクティベーションを行っていたのでは面倒なことがある。
 
Windows XPにおいてこれを回避するには、『%SystemRoot%\system32』フォルダにある『wpa.dbl』がアクティベーション情報の保存ファイルなので、これをバックアップしておけば良い。
『wpa.bak』というファイルが存在することもあるが、その場合、このファイルも一緒にバックアップしておけば安心だ。
 
Windows XPの再セットアップ時にはライセンス認証の画面で『いいえ、後で数日おきに通知してください』を選択して進めて、インストール終了後にセーフモードで起動してWFPを切っておいて先のファイルを元の場所に戻せば良い。
 
ライセンス認証が完了した状態になっているかどうかはコマンドプロンプトより、
[shell]
>%systemroot%\system32\oobe\msoobe.exe /a
[/shell]
とやれば確認できる。
Windowsのライセンス認証ダイアログが表示されて『ライセンス認証の手続きは既に行われています。[OK]をクリックして終了してください。』と表示されればライセンス認証された状態だということだ。
先のファイルをバックアップした時点とサービスパックレベルが違ったり、ハードウェアに大幅な変更があった場合はアクティベーションが要求される。
あくまで何度も繰り返し同じPCに同じ環境を構築し直す場合にだけ使える手順だと認識しておくべきだろう。

 

みっちょ

SALON Doluce 代表。ハッカーでカウンセラー、占い師でカメラマン、その他あらゆる顔を持つ変な人。キッズプログラミング講師、パソコン修理、カウンセリングなど喜んで承ります。お気軽にお声掛けください!