Administratorで自動ログオンする


Windows XP Home EditionではAdministratorはセーフモードでしか使用できなくなっている。
これを常にAdministratorで自動ログオンするようにするには以下のようにすればよい。
 
Windowsの起動時にF8キーを押して『Windows 拡張オプション メニュー オプションを選択してください:』と表示されたら『セーフ モード』を選択して起動する。
続いての『オペレーティング システムの選択』では『Microsoft Windows XP Home Edition』を選択する。
その後、Administrator以外の通常使用しているユーザーを選んでログオンする。
ログオン時に『Windows はセーフモードで実行されています。』のダイアログが出るので『はい』を押す。
 
『ファイル名を指定して実行』より
[shell]
control userpasswords2
[/shell]
と入力して『OK』を押して実行する。
『ユーザー アカウント』ダイアログが出るので、ユーザー名から『Administrator』を選択して『プロパティ』を押して進める。
ユーザー名を『Administrator2』に変更して『OK』を押す。
『ユーザー アカウント』ダイアログに戻るので、『追加』を押すと『新しいユーザーの追加』ダイアログが開く。
『ユーザー名』に『Administrator』と打ち込んで『次へ』を押して進め、パスワードは空のままで『次へ』を押して更に進める。
アクセスレベルでは『その他』をチェックし『Administrators』を選択して『完了』を押す。
 
『ユーザー アカウント』ダイアログに戻るので、『Administrator』を選択して『ユーザーがこのコンピュータを使うにはユーザー名とパスワードの入力が必要』のチェックを外し『OK』を押す。
 
『自動ログオン』ダイアログが出るので、ユーザー名が『Administrator』となっている事を確認してパスワードは空のままで『OK』を押す。
 
開いている全てのウィンドウを閉じて再起動を行うと、Administratorで自動ログオンする状態になっている。

 

みっちょ

SALON Doluce 代表。ハッカーでカウンセラー、占い師でカメラマン、その他あらゆる顔を持つ変な人。キッズプログラミング講師、パソコン修理、カウンセリングなど喜んで承ります。お気軽にお声掛けください!